外科医向け転職エージェントランキング

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

外科求人をお探しの方は当サイト掲載のエージェントは必見!

「外科医向け転職エージェントランキング」のご訪問ありがとうございます。外科の先生でも一昔前とは異なり給与待遇や将来のキャリアメイクを考えて転職する方が増えてきています。当サイトでは外科医師の転職をサポートする転職エージェントをランキング形式でご紹介しています。

当サイトのランキングでは、株式会社リクルートドクターズキャリアが運営するリクルートドクターズキャリアが最も人気です。大手ゆえのブランド感に加えて、求人件数は業界最大級を誇り転職先の幅広さも人気が高い理由です。

あとリクルートの医師転職の特徴といえばアルバイト探しでも本気の転職でも両方対応しているということ。バイトに関しては日給10万円以上のものもありますし本気の転職では多くの方が年収アップを実現させています。今、リクルートの医師転職は一番使い勝手がいいと思います。

外科医向け転職エージェントランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
◆『リクルートドクターズキャリア』は、転職(アルバイト含む)を考えている外科の医師の方に
 好条件・高額の情報を紹介している医師の転職エージェントです。リクルートグループ運営で安心感◎
◆専任キャリアアドバイザーが医師としてのあなたの良さを最大限に引き出す為にアドバイス!
◆リクルートグループは、リクナビ、タウンワークなど年間100万人以上の転職を支援しているので
 過去の転職サポートの実績と信頼・ノウハウを利用してアナタの転職活動を成功に導きます!
◆リクルートドクターズキャリアだからこそ「圧倒的な取扱科目数」「医師求人情報」が実現可能。
◆あなたの転職時の条件の交渉を代行してくれるから、仕事をしながらでも転職活動ができます。
リクルートの医師転職支援サービスはもちろん無料です。まずは1分で完了する初回登録から!


医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
『医師転職ドットコム』は、非公開求人の情報を多く持っている医師の転職サイトです。
求人件数は業界最大級の28,000件!情報量の豊富さは、メディウェル独自のネットワークゆえ!
◆求人検索では検索条件を豊富に取り揃え、ぴったりの求人を見つけるサポートにも万全です。
◆トップページには新着求人情報や注目の医療機関等を掲載し、新しい情報を求めている方にも◎。
◆運営しているのは、東証一部上場企業の株式会社アインファーマシーズのグループ会社である、
 株式会社メディウェル。
転職サイトでは少ない上場企業グループなので信頼度も高くて安心です。
◆非公開求人情報を無料で入手したいとお考えでしたら医師転職支援サービスに是非一度登録して
 みてください。高待遇案件多くはサイト上に出ていない非公開の求人なのでまずは無料登録から。


MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
◆質の高い外科医の求人情報を数多く取り扱っている転職支援サイトは『MCドクターズネット』
◆MCドクターズネットは、求人の情報説明、面接の設定・同行、交渉、内定、その後のフォローに
 至るまで、ドクターの皆様に寄り添い、外科医の皆さんの転職活動の全プロセスをサポート。
専任のキャリアコンサルタントが外科医の個別ニーズに対応し、マンツーマンでサポート。
ライフスタイルにあった定期非常勤の紹介、1日のアルバイト(スポット)の提供に至るまで、
 多様なステージを提案してくれます。仕事に関する悩みのあるかたはまずは気軽に相談しよう!
◆医療専門として日本最大級の全国13拠点のネットワークを活かした全国規模で地域密着型の
 サービス提供が可能となっています。日本全国の高待遇の外科医の求人案件が多数あります。


医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
◆医療系の転職・求人情報サイトの中で最も多い職種を扱うサイト『医師求人のJMC』
◆医療関連業界に特化し、総合人材サービスを行っています。長く運営されている歴史は評価◎。
転職イベントの掲載情報が満載でオフラインで情報収集をしたい方にはお勧め。
◆イベントやセミナーの情報を掲載している外科医の転職エージェントはそんなに多くはありません。
 専任のコンサルタントに相談しながら色々なイベントにも参加できる点で差別化されています。
◆1万人以上の転職をサポートしたノウハウで、多種多様の業界への転職を成就させてくれます。
 全国に張り巡らされた情報網で製薬・治験・健康食品・医療機器各メーカーなどにも幅広に対応。
コンサルタントへの相談はもちろんイベント参加なども無料ですのでまずは初回登録から。


エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
◆「エムスリーキャリア」は医療・福祉系の様々な求人情報をご案内しております。
 医師における求人募集については、医師の転職者から高い信頼と評価が寄せられています。
◆常勤や正社員、契約社員、パートなどのいろいろな雇用形態で医師が募集されています。
◆未経験の分野でも、コンサルタントが条件に合う就業先を探し、全面的に支援してくれます。
◆年収アップやキャリアステップをお考えの医師は是非ともコンサルタントに相談して下さい。
◆膨大な求人数の中から、選りすぐりの案件を探し条件交渉やアフターケアなどを行います。
◆医師は一人で就業先を見つけることは難しい面があります。エムスリーキャリアでは
 過去長期運営してきた情報やノウハウを利用して各医師に最適の就職先を提供します。


※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。


医師による転職はインターネットで探す時代に

医師自身が誰にも頼らずに自分ひとりで転職活動を行う場合、医療関連の求人誌等を参考にする場合や、もしくは医療関係の求人を紹介しているネットのサイト等を利用するというケースがありますが、今はネットを使うのが主流で、しかも医師自らが病院や医療機関に直接求人の問い合わせすることは殆どなく、だいたいは当サイトで紹介するような仲介サイトを通すというのが一般的です。外科に関しても同じくです。

どうして医師は求人情報に直接連絡をしないのかといえば、匿名で行いたいという医師もいますし、転職を希望する気持ちはあるが実際その行動に移す気力は今のところないという医師もいます。とりあえず様子を見たいというところでしょうか。自分の希望の条件がまだほかにあるかもしれないという思いがある医師の場合はネットに紹介されている求人には、自分の名前を晒して直接連絡をする事は無いと言うことですね。仲介を通せば匿名で転職活動がある程度は進められるということです。

医師による転職は、非常に勇気がいる行動でもありますが、時には、その行動が自分の理想を実現する事となりますから、転職がしたい、でもいろいろ大変なのでしり込みする等という場合は、迷わず、転職エージェントへの相談がお勧めです。 何も、転職エージェントは、登録された方すべてを即転職させるという事ではなく、医師一人ひとりの希望や目的等をきちんと考えながら、こんな医業はどうなのか?こうした目的はどうなのか?という提案もされる事となりますから、ある意味、転職支援サイトのコンサルタントにより、自分の方向性が固まったという医師も存在する事から、医師のための相談所ともいえる部分もあり、安心して、仕事、人生における相談のできる場所でもあるのです。 先述の通り面接まではある程度匿名で転職活動が可能です。

医師による転職には、幾つかの方法が考えられますが、やはりインターネットで医師のための転職支援サイトを利用し、相談する事から始めてみるのがお勧めです。 医師のための転職支援サイト、転職エージェントは、医師の決意がきちんと固まるまで、とことん話し合い、医師の理想を実現する事となりますから、長い医師の場合なら転職を果たすのに1年をかけてじっくりと進めているようです。 外科で転職したいドクターの方はまずは無料なので登録してみましょう。


>>外科の方の好条件のアルバイトや常勤転職が満載!<<

外科医の募集先を探すなら、無料転職支援サービスがオススメ

いま医師不足が深刻な問題となっています。 医師不足の問題に真剣に取り組まなければならないはずの行政は、医学部などの管轄は文部科学省、医療分野の管轄は厚生労働省と、縦割り行政のなかで有効な策を打ち出せないでいます。 今後さらに、現場の医療従事者にさまざまな負担が強いられることになるでしょう。 このような現状では、より働きやすく、能力を最大限に発揮できる、新たな職場を求める医師たちの転職は容易なものではないのです。

でもそんな医師たちの悩みや不安を解消してくれるのが、「無料転職支援サービス」です。上記のランキングで1位はリクルートですが、2位の「メディウェル」の医師転職ドットコムもおすすめ!ここでしか扱っていない圧倒量の非公開情報から、あなたにピッタリの医療機関を探すことができます。登録をすると、インターネットなどでは一般公開していない「非公開求人・非公開待遇・内部情報」をこっそり紹介してもらえるのです。 しかも求人数は最大級28,000件!この情報量は病院コンサルティングを長年行うメディウェル独自のネットワークならでは。

「医師転職ドットコム(メディウェル)」が提供できる価値とは

◆求人情報の約70%を占める一般サイトに掲載できない高条件求人を探すことができます!!

◆2,8000件超の求人から、他では見つからないベストな医療機関を見つけることができます!!

◆表には出ない医療機関の実情や詳細を、ありのままに知ることができます!!

◆業界に精通したコンサルタント交渉で、こだわり条件を実現します。満足度はなんと94.7%!!

◆面接まで個人情報を一切出さずに秘密裏に転職を進められます!!

◆求人探し、書類作成、日程調整等を代行するので、手間も時間もかかりません!!

◆「転職してホントによかった。」の一言のために、どこよりも熱いサポートをします。

転職支援サービスを利用すれば、あなたにとってベストな医療機関を見逃すことなく探すことが可能になります。 こだわりの条件もあきらめることなく希望条件を最大限叶えられるように交渉もします。また、医療機関にとって都合の悪い生の情報も直接お伝えすることができ、「こんなはずではかなかった」という後悔は決してさせません。

そしてメディウェルが誇るのは、求人数の多さだけではなく、検索の仕方にも工夫がなされていることです。 常勤の求人・非常勤(週1から3日)の求人・科目別の求人・特集からの求人と検索条件も豊富に取り揃えています。あなたに合った条件もすぐに探すことができます。さあ、是非医無料師転職支援サービスに登録してみましょう。

外科医転職エージェントの使い方

皆さんは日本の病院数が減ってきているのを知っているでしょうか? 実は最も病院数が多かったのは1990年でこのときは10,096施設ありました。 その後の病院数は減少傾向をたどり2008年の病院数は8,794でした。(医療施設(動態)調査・病院報告の概況)ピーク時と比べると約13%の減少です。 病床の規模別に見てみると99床以下の中小病院の割合は1990年に45.0%だったものが2008年には38.0%に減少しました。 149床以下のくくりで計算しても1990年に60.9%だったものが2008年には54.3%に減少しています。 これは病院の規模が大きくなっていることを表しています。 現在中小病院ほど経営が厳しいと言われていますので、今後さらにこの規模の病院数が減って、大規模病院が残る可能性が高いと指摘されています。

そんな厳しい現状の中、私たち医師も自分たちの満足のいく様な快適な居場所を求めて納得のいく職探しをしたいものですよね。 より充実した転職活動を望むなら、無料で利用できる医師転職支援サービスがおすすめです。

外科医転職エージェントの『医師転職ドットコム〜メディウエル〜』の使い方

STEP1:サービス登録 >

無料転職支援のご利用は、サービスのご登録からスタートします。まずはご登録フォームで、サービスの前提となるいくつかの情報についてお知らせしてください。営業日当日〜3日以内には担当コンサルタントから連絡がいきます。 そこから、転職活動のお手伝いが始まります。

STEP2:キャリアカウンセリング

客観的にキャリアを「見える化」!コンサルタントがマンツーマンで、「あなたが主役」のキャリアカウンセリングを行います。

STEP3:求人情報提供

専任のキャリアコンサルタントが、医師のご経験や能力だけではなく、パーソナリティやキャリアプランも考慮した上で、マッチした 求人先をご紹介します。公開求人非も含めて多数の求人が常時データベース化されており、 コンサルタントと相談しながらじっくりお選びいただけます。

STEP4:応募・面談・条件交渉

面倒な日程調整や言いにくい交渉の代行、条件書作成により「言った言わない」のトラブル回避をします。

STEP5:内定・入職

決まった条件については、文書にして確認できる書類を作成いたします。

AFTER!:入職後のサポート

転職成功後も、キャリアのご相談を承ります。医師転職ドットコムは転職成功後もあなたのパートナーとして長期的にキャリアアップを支援していきます。 キャリアについてお悩みの際は、いつでもお声がけください。

外科医が転職前に注意すること

病院経営の状況は年々悪化を続けており、医師の確保ができずに休止や閉鎖に追い込まれる診療科も増えています。 特に産婦人科と小児科が深刻です。 医師総数は増えていても、偏りが大きいことによりこのような事態を招いているのです。 病院運営にかかる費用は「人件費」「材料費」「経費および委託費」に分けられますが、これらを費用別に見ると、人件費が最も大きな赤字源です。 人件費の多くは医師と看護師です。医師一人当たりの1日の診療収入は、総数平均で33万円です。 診療科別で最も高収益な科目は循環器科(外科、内科)、2位が泌尿器科、3位が脳神経外科および整形外科です。 逆に低収益な診療科は1位、放射線科、2位ー歯科、3位ー皮膚科、4位ー形成外科、5位ー小児科となっています。 診療収入金額でいうと、高収益1位の循環器科では医師一人1日あたり約45万円、低収益の放射線科や歯科では10万円以下です。 この格差が大きな問題となっています。

そしてまた日本では外科に携わる医師の数が減少し続けているそうです。 産科、小児科、外科、これらの診療科目では、医師の数が不足していることが深刻な問題となっています。 勤務医などは過酷な労働のうえに、報酬も少なく、外科医のなり手が減少傾向にあるのも仕方がないとまで言われています。
日本外科学会の行ったアンケート調査によると、「外科医が考える外科志望者減少の理由」として、
・労働時間が長いから
・時間外労働勤務が多いから
・医療事故のリスクが高いから
・訴訟のリスクが高いから
・賃金が少ないから
という回答が多かったそうです。これは志望者減少の理由であると共に、現役外科医師の悩みともとれる回答だと思います。

外科医が転職前に注意すること

転職活動をする際には、上記のことを踏まえてみなさんの条件にぴったり合った職場を見つけていただきたいと思うのです。その為には転職支援サービスを賢く活用するのが効率の良い転職につながると思います。 転職支援サービスには以下の「メリット」と「デメリット」があります。参考にしながら上手に利用してみてはいかがでしょうか。

−メリット−

経験豊富な専任のキャリアコンサルタントがあなたのキャリア、希望する勤務地域、待遇に合った案件を提案してくれます。 ここでしか応募できない「非公開求人」も多数あり、その豊富な情報量は一人で収集する場合の比ではありません。 細かい条件の交渉や面接スケジュールの調整などもすべてコンサルタントに任せますので、仕事との両立が可能です。 候補の施設を見学するまでは匿名で話を進めますので、現在のご勤務先に転職活動が知られることはありません。

−デメリット−

希望する条件で交渉をまとめることができるかは、担当するコンサルタントによる実力に大きく依存します。 コンサルタントの能力に疑問がある場合、入職後にミスマッチが起こる可能性があります。つまり、最初の転職支援サイト選びが、成否を大きく左右します。

↓↓↓↓↓↓看護師の外科向けの転職情報をチェック↓↓↓↓↓↓

外科に強い!看護師転職エージェントランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
ナースフル 無料 全国 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細


マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細


ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細


TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.