外科医向け転職エージェントランキング

外科医の男女比

医師には男性医師も女性医師もいますが、男性医師は全体の80%程度を占めていて、圧倒的に女性よりも多くいます。近年では女性医師が増える傾向にありますが、男性医師と女性医師の数が同じぐらいになるまでには、もう少し時間がかかりそうですね。医師になるためには、まずは大学の医学部へ入学しなければいけないわけですが、現在では医学部へ入学する女性は全体の3分の1程度まで増えているため、今後は女性医師の数が増えていくことが予想されています。

外科医の男女比を見てみると、他の診療科目と比べると圧倒的に少なく、全体の7%程度しかいません。つまり、男性が93%を占める診療科目ということですね。その理由はいくつかありますが、外科医のお仕事は、基本的な外科医としての知識や症例だけで働けるわけではなく、常にスキルをアップしたり経験値をアップするための努力や対策が必要となる診療科目です。そのため、若い年齢よりも中高年医師の方が多いという特徴があります。女性医師を年代別に見てみると、全体的に20代と30代の医師が多く、年齢を重ねるにつれて転科したり転職をするなどで、外科医として最先端で働くこととは別の人生の選択をする人が多くなる傾向にあります。この理由は、外科医は常に多忙を極める環境でピリピリした雰囲気の中で働かなければならないため、精神的にかなりハードな仕事であるという点や、急患やオンコールなどで呼び出しが入りやすく、家庭や育児と両立することがとても難しい診療科目という点も、女性の外科医が少ない理由としてあげられるでしょう。

女性の場合、結婚しても仕事を続けることはもちろん可能ですが、出産すると法律で産前産後の休暇を取らなければいけないと決められていますし、子育てなどで育児休暇が必要な人や取得したいという人はたくさんいます。外科医に限らず女性医師の離職理由や求職理由を見てみると、出産によるお休みが全体の70%を占めていて、育児によるお休みと合わせると、全体の80%程度にも上ります。常に最前線でスキルアップを続けることが求められる外科医というお仕事は、家庭や子供と仕事を両立したい女性医師にとっては、両立することがとても難しい診療科と言えるのではないでしょうか。

しかし、そんな女性の外科医でも、考え方を変えると働きやすい環境へ転職することは可能です。最先端の医療機器が完備された医療機関でオペ中心のお仕事というわけにはいかなくても、外科医として培ってきたスキルや経験、知識を生かして外来専門の職場で働いたり、雇用形態を派遣などに変えることによって、両立しやすい職場環境を手に入れることは可能ですね。

外科医向け転職エージェントランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.