外科医向け転職エージェントランキング

外科医と定年

外科医のお仕事は、働きながらどんどんスキルや経験値、そして専門性を高めていくことができるお仕事です。そのため、年齢を重ねれば重ねるほど、外科医としてのスキルは高くなるのですが、残念ながら日本には定年制度があり、高いスキルを持つ外科医でも、遅かれ早かれ定年退職の日を迎えることになります。

サラリーマンの場合には、企業が定める定年退職の年齢が来ると、仕事をまだまだバリバリこなせるような人でも定年退職しなければいけませんが、外科医の場合ではっきりとした定年退職に関する線引きがされているのは、公務員として働いている外科医に限ります。公務員の医師には、国立病院をはじめ、県立や市立、公営の医療団体などが含まれていて、これらに該当する医師は、65歳になると定年退職することになります。

一方、市立病院の場合には、病院ごとに定年退職の年齢が定められているため、それに従うことになります。一般的には公務員系医師と同じ65歳が定年退職の年齢となっていますが、病院によってはケースバイケースで65歳を過ぎても雇用してもらえる所はあります。そのため、少しでも長く働きたい人なら、私立病院へ転職したほうが、将来的にはメリットになりそうですね。

外科医でも、定年退職と関係なく働きたいだけずっと働ける職場もあります。それは、自分自身で開業している外科医の場合です。転職活動をする際には、将来の開業という選択肢も視野に入れながら、開業資金を多く貯められる職場へ転職するという方法も、悪くない選択肢と言えるのではないでしょうか。

さらに、65歳の定年を迎えた後でも、外科医として培ってきた経験や知識を生かして働ける職場があります。たとえば産業医のお仕事は、救急救命のような多忙を極める職場ではなく、企業に常駐して社員の健康管理を主に行う予防医学に従事するというものです。年齢的に緊迫した雰囲気の中で働くことは精神的にもきつくなるため、外科医を引退してから産業医として医師免許を生かした仕事をするという医師はとても多いですね。産業医の求人募集はたくさん出ているので、条件や勤務時間、勤務場所などによって選ぶことができます。

その他には、フリーランスとして働くという選択肢もあります。フリーランスは特定の医療機関に属するわけではなく、ニーズがある時にだけお仕事をするという方法です。外科医の中には、定年退職した医療機関でフリーランスとしてたまに働くという働き方を選ぶ人もいます。

外科医向け転職エージェントランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 外科医向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.